feedback
Rate this webpage
Need
Support?

Print

オン・セミコンダクター、Wi-Fi6Eアプリケーション向けQCS-AX2シリーズを新発売 

AdaptivMIMO技術により、6GHz 帯の迅速な普及に対し柔軟な構成を提供

2020年4月23日(米国2020年4月21日発表):  高効率エネルギーへのイノベーションを推進するオン・セミコンダクター(本社 米国アリゾナ州フェニックス、Nasdaq: ON)は、拡張された Wi-Fi6E 規格に基づいて 6GHz 帯をサポートする新製品 「QCS-AX2」 チップセットファミリのサンプル出荷を開始したことを発表しました。この新製品ファミリは、6GHz 帯を最大限に活用するために、高性能で柔軟なアーキテクチャで設計されており、密集した環境やサービスが行き届いていないエリアに対応するために、アクセスポイント、ゲートウェイ、メッシュネットワーキングのソリューションなどの、高スループットの Wi-Fi アプリケーションに最適化されています。QCS-AX2 ソリューションは、現在サンプル出荷中です。価格・納期に関しては、オン・セミコンダクター国内販売代理店にお問い合わせください。

QCS-AX2 シリーズは、直交周波数分割多元接続(orthogonal frequency-division multiple access: OFDMA)、高度なMU-MIMO(Multi-User, Multi-Input, Multi-Output: マルチユーザ、マルチ入力、マルチ出力」)、高速化のための160MHzチャネルサポート、最大帯域利用のためのSmartScanチャネル選択など、主要な Wi-Fi6E 機能をサポートする統合ベースバンドおよび RF (無線周波数)アーキテクチャに基づいて構築されています。新製品のポートフォリオには以下のものが含まれます。


  • QCS-AX2-A12:AdaptivMIMO技術を使用したトライバンド(6GHz/5GHz/2.4GHz)、柔軟な8x8または4x4構成をサポート
  • QCS-AX2-T12:高性能向けトライバンドコンカレント4x4動作、コスト効率の高いルータソリューション
  • QCS-AX2-T8:メッシュノード及び主流アクセスポイント向けトライバンド、コンカレント8ストリーム構成

米連邦通信委員会(FCC)が、今年後半に米国で 6GHz 帯の開放を見込んでおり、最大 1,200MHz の新たな利用可能周波数帯がWi-Fi およびその他の免許不要の使用に割りあてられます。電流 2.4GHz 帯と 5GHz 帯の合わせたもののほぼ 5 倍のスペクトラムにより、6GHz 帯は次世代 Wi-Fi 6 アプリケーションの開発を加速しています。6GHz クライアント・エコシステムの構築には時間がかかりますが、ゲートウェイ、ルータ、アクセスポイントなどのWi-Fiインフラ機器は、既存のデュアルバンド(2.4GHz/5GHz)クライアントを引き続きサポートする必要があり、ゲートウェイとメッシュノード間の 6GHz バックホールなどのインフラ・アプリケーションが導入を主導することになります。

オン・セミコンダクターの Wi-Fi 6Eソリューションは、主流の 6GHz アプリケーションに対応しながら、AdaptivMIMO テクノロジで 6GHz 帯域への移行に対応するように設計されています。AdaptivMIMO を搭載した Wi-Fi6E インフラ機器を使用すると、加入者のホームネットワーク上に存在するクライアントに応じて、ネットワークを 5GHz または 6GHz 帯で動作させ、性能、カバレッジ、および使用率を最大限に高めることができます。QCS-AX2 シリーズは、アプリケーションが要求する複数のデバイスに対し、混雑した環境における Wi-Fi 性能と接続性を提供します。

オン・セミコンダクターで、クアンテナ・コネクティビティ・ソリューションズのマーケティング担当バイスプレジデントを務めるアービンド・ガイ (Irvind Ghai) は、次のように述べています。 「当社は、Wi-Fi 6E が産業界にもたらす素晴らしいチャンスに大きな期待を持っています。当社は、ホーム、エンタープライズ、オートモーティブ、IoTの各セグメントにおいて、さらに優れた速度、効率、性能を可能にする Wi-Fi 6E プラットフォームを構築する最前線に位置しています。オン・セミコンダクターは Wi-Fi テクノロジのイノベーションに専心しており、今後もその接続性の卓越性を活用して、主要な Wi-Fi 6E エコシステムを加速するエンド・ツー・エンドのソリューションを提供していきます」

オン・セミコンダクターで、クアンテナ・コネクティビティ・ソリューションズのジェネラルマネージャ兼バイスプレジデントを務めるサイモン・ダクスバリ(Simon Duxbury)は、次のように述べています。 「当社の新世代の AdaptivMIMO を搭載した QCS-AX2 により、 機器メーカは3 周波数帯の全体で性能を最適化し、迅速に市場投入できます。Wi-Fi 6E インフラストラクチャが急増するにつれ、6GHz のエコシステが育成されるでしょう。クライアント機器も、効率の向上、レイテンシとジッタの低減、干渉の軽減かによる恩恵を受け、アプリケーションと環境でユーザエクスペリエンスがさらに向上するでしょう」

オン・セミコンダクターについて
オン・セミコンダクター(Nasdaq: ON)は、お客様にグローバルな省エネルギーを実現していただけるよう、高効率エネルギーへのイノベーションをリードしてまいります。オン・セミコンダクターは半導体をベースにしたソリューションのリーディング・サプライヤーで、エネルギー効率の高い、電力管理、アナログ、センサ、ロジック、タイミング、コネクティビティ、ディスクリート、SoCおよびカスタム・デバイスの包括的なポートフォリオを提供しています。オン・セミコンダクターの製品は、自動車、通信、コンピューティング、民生機器、産業用機器、医療機器、航空宇宙、防衛のアプリケーションにおける特有な設計上の課題を解決します。オン・セミコンダクターは、迅速な対応、信頼性、世界クラスのサプライ・チェーンと品質保証プログラム、厳格な企業倫理とコンプライアンスを備え、北米、ヨーロッパ、およびアジア太平洋地域の主要市場で、製造工場、営業所、デザイン・センターのネットワークを運営しています。詳細については、https://www.onsemi.jpをご覧ください。

# # #

オン・セミコンダクターおよびオン・セミコンダクターのロゴは、Semiconductor Components Industries, LLCの登録商標です。本ドキュメントに記載されている、それ以外のブランド名および製品名はすべて、各所有者の登録商標または商標です。オン・セミコンダクターは、本ニュースリリースで同社Webサイトを参照していますが、Webサイト上の情報はここには記載されていません。

Your request has been submitted for approval.
Please allow 2-5 business days for a response.
You will receive an email when your request is approved.
Request for this document already exists and is waiting for approval.